ギャングレイヴX

MENU

Pick Up エロ

おすすめ18禁アプリ



DMMに続け!TSUTAYAオンラインゲームR18


ギャングレイヴXの実践レビュー

 

 

 

ギャングレイヴXはDMMオンラインゲームからプレイできるブラウザゲームです。

 

登録者数が10万人を超える人気のカードバトルRPGというジャンルで、カードゲームのジャンルからプレイが可能です。パソコンとスマートフォンからプレイする事ができます。

 

通常版のギャングレイヴとR-18版のギャングレイヴXがあるので18歳未満、もしくはエロシーン無しで楽しみたい方は通常版のギャングレイヴがプレイできます。

 

エッチシーンは、フルボイスと揺れるアニメーションで楽しむことができます。

 

 

退廃した東京を舞台にストーリーは始まります。

 

主人公は護送車で警察に連行されている途中で、護送車がギャングによって襲撃を受けます。

 

一緒に連行をされていた少女の御門日向にレイヴと呼ばれる宝石を借り、そしてギャング達を倒します。

 

警察の手から逃げるために二人は、退廃した東京の街へと向かい、ギャング達と対峙していきます。

 

ギャングレイヴXの基本的なシステムは、制圧をしてギャングを倒してお金やカードを集めて強くなっていくというシンプルな感じです。ストーリー以外には、ギャング同士の抗争やタイマンなどがあります。

 

抗争は時間が指定されており、その間に所属しているチーム同士で戦うという感じです。

 

 

タイマンは、自分のデッキと自分自身の能力による他のプレイヤーとの勝負になります。

 

 

 

 

 

 

プレイヤーの能力は、アバターの装備とスキルによって決まってきます。

 

 

アバターの装備は最初は何も装備しておらず裸ですが、アバターショップにて購入することができます。

 

スキルは総合スキル、抗争スキル、タイマンスキルがあり、総合は、デッキコストの拡張やHPや攻撃力の増加などの基本的な部分があがるスキルです。抗争スキルやタイマンスキルは基本的には攻撃力や防御、必攻が増加していきます。

 

それぞれにスキルポイントの入手が異なっており、総合は制圧などでレベルが上がるとスキルポイントが入手できます。抗争とタイマンのスキルポイントはタイマンと抗争に参加することで上げることができます。

 

カードには、レアリティがN,R,SR,SSR,KR,LRの6段階あります。

 

エッチシーンが見れるにはSR以上のカードが必要になってきます。SRでは同じカードを集めて、覚醒をする必要がありますが、SSR以上は覚醒の必要はありません。

 

SSR以上は覚醒をすることで追加のエッチシーンを見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にギャングレイヴXを遊んでみた感想は、まずは起動時の音が気になりました。

 

最初からボイスが再生されたりBGMが流れる設定になっているので、初回起動時は周囲に注意が必要。

 

絵柄は非常に好みで、エッチシーンもかなり満足の出来でした。制圧には、メインのストーリーのほかに曜日ごとのストーリーとイベントのストーリーがあります。

 

曜日毎のストーリーでしか入手できないカードがあったりするので、目的のカードがある場合はその曜日でがんばるという感じです。

 

 

 

 

 

 

制圧では、オートで進むという便利な機能はあるといえばあるのですが、それを利用してしまうと経験値が入らず、レベルアップによる制圧ポイントの回復や戦闘のボーナスなどが得られないのでどんどん戦闘をしないといけないシステムでした。

 

少し面倒ですが、操作自体はクリックかタップをすることで進められ、レベルもサクサク上がるので序盤のプレイはなかなかいい感じ。

 

ガチャはミッションクリアの報酬によるR以上確定のガチャチケットやSSR以上確定のチケットが手に入るのでエッチシーンありのカードは比較的手に入ります。ノーマルガチャは100回ほど回しましたがSRは出ませんでした。

 

抗争は時間指定があるので参加できずでしたが、抗争の報酬はかなり良さそうなので参加できればどんどんしていったほうがいいかもしれません。

 

ギャングレイヴに登場するキャラクターのエッチシーンはフルボイスとアニメーションでいい感じ。

 

エッチシーンは、定期的に抗争に参加するか、ミッションをクリアした報酬のガチャで見れますがノーマルガチャで狙うのは難しい感じでした。